審美歯科

トップページへ戻る

Contents menu

>> 日本歯科審美学会セミナー委員長を務めることになりました
>>詳しくはこちら

>> 2010.11.1
歯科医師・衛生士・技工士の皆様へ
インプラントセミナーを開催いたします。ぜひご参加ください。

>>詳しくはこちら

>> 
2010.10.22
ホワイトニング・アドバンストセミナーのコーディネーターを務めました。
>>詳しくはこちら

>>
 2010.6.29
日本歯科審美学会の常任理事に就任いたしました。
>>詳しくはこちら

>> 2010.5.11
韓国で日本の最先端歯科治療について招待講演を行ってきました。
>>詳しくはこちら

>> 2009.10.07
ホームページ公開しました。

time table

診療時間はこちら

 
10:00-13:00 / /
14:30-19:00 / /

休診日 木曜日、日曜日、祝祭日
土曜日の午後の診療は、16:30までとなります。

Pick up menu
Google

WWW を検索
http://www.implant-shinbi.jp/ を検索

医院選びのポイントと当院の審美歯科治療

審美歯科とは笑う時・話す時、口元にのぞく歯は意外に目立つもので生き生きした表情には美しい歯は欠かせません。様々な最新治療技術と材料を駆使してお口の健康と美しさを取り戻すのが審美歯科治療です。

審美歯科治療における「3つのポイント」

@審美・咬み合わせ、歯周についての専門的、総合的アプローチ
単に歯を白くしたり、白い詰め物や冠せをすることが審美歯科ではありません。咬み合わせが悪かったり、歯に正しく合っていないことで白い歯を冠せたら、頭痛や肩こりがひどくなった、歯茎が腫れたり、黒ずんできた、ということは少なくありません。セラミック材料に関してばかりでなく、噛み合わせや歯周病などについても、専門的な知識と高い技術を持っていることが重要です。院長は大阪大学で長年、審美歯科、インプラントを主テーマとして、副院長は咬み合わせや顎関節症を主テーマとして、臨床、研究に携わっており、現在も日本歯科審美学会などで活躍しております。当院では、皆様に専門的、総合的アプローチにより、最先端の審美歯科治療を提供しております。

A日本でトップクラスの技工士が技工を担当
白く、美しく、咬み合わせも良いセラミックの詰め物や冠せをするためには、歯科医師だけでなく、それを作製する技工士も高い技術を持っている必要があります。当院では日本トップクラスで世界的にも有名な技工士らが技工を担当しており、優れたセラミック修復を提供しております。

B治療後のメンテナンスがしっかりしている。
せっかくの良い治療も、その後のメインテナンスが悪ければ台無しになってしまいます。治療中ばかりでなく治療後も、長くお口の中を健康で美しい状態に保つためのケアをしっかりすることが重要です。当院では、年齢や治療内容に関わらず、お口の健康を守り育てるための、口腔ケアに力を入れております。

▲PAGE TOP

ホワイトニングってなに?

歯のホワイトニングには、飲食物や薬・タバコなどの色素が歯の表面に沈着して見た目が悪くなった場合にこれを取り除いてもとの歯の白さを取り戻すプロフェッショナルクリーニングと、もともとの自分の歯の色を専用のジェルや装置を使ってさらに白くするブリーチング(漂白)があります。

ホワイトニング治療例

プロフェッショナルクリーニング

歯のホワイトニングには、飲食物や薬・タバコなどの色素が歯の表面に沈着して見た目が悪くなった場合にこれを取り除いてもとの歯の白さを取り戻すプロフェッショナルクリーニングと、もともとの自分の歯の色を専用のジェルや装置を使ってさらに白くするブリーチング(漂白)があります。

プロフェッショナルクリーニング歯の表面に微粒子を吹き付ける歯のクリーニング専用の機器。
これで歯の隙間など普通の器具では取れない部分の汚れも歯を傷つけることなく、きれいに取り除くことが出来ます。

プロフェッショナルクリーニング沈着物を除去した後は特殊なペーストで歯を研磨します。

▲PAGE TOP

ブリーチング

ブリーチングには大きく分けてオフィスブリーチングとホームブリーチングの2種類があります。
オフィスブリーチングは歯科医院で専用のジェルと機器を使って行うもので通常1〜2時間診察台で処置を受けて頂く必要がありますが、すぐに結果が出るメリットがあります。
ホームブリーチングは歯にピッタリと合ったトレー(マウスピースのようなものです)を作って歯科医師の指導のものでご自分でトレーにブリーチング専用ジェルを入れて行うもので、ご家庭や職場・通勤中など、五字分のペースで進めていくことが出来ます。時間がかかりますが、オフィスブリーチングより後戻りしにくいと言われています。
また、オフィスとホームのどちらか一方の方法だけでも歯は白くなりますが、もう一方の方法を合わせて行うことでさらに数段歯を白くすることが可能になります。
歯の質は人それぞれ違い、ブリーチングの効果や後戻りの期間には個人差がありますが、問う医院ではオフィスとホームを組み合わせ、それぞれの特徴を生かして、出来るだけブリーチングの効果を上げる工夫をしています。

ブリーチング世界No.1のホワイトニングシステムZOOM2を導入しました!
世界No.1と言われていた「オフィスホワイトニングシステムZOOM1」がさらに進化したZOOM2(ZOOM Advanced Power System)が登場し、今世界中から注目を集めています。当院ではこの最先端のホワイトニングシステムを導入致しました。歯に15分間の光照射を2回行うだけで、驚きの白さになります。
最高に快適に、速く、白く!!
皆さんもぜひ1度、今最も優れたホワイトニングシステムをご体験ください。

ホワイトニング施術例

1.術前

術前

2.クリーニング

クリーニングクリーニングクリーニング

クリーニングをして歯の表面の着色を取りました。
とてもきれいになりましたが、歯の色がちょっと黄色いですね。

3.オフィスブリーチング

オフィスブリーチングオフィスブリーチングオフィスブリーチング

治療効果が分かるように、上の歯の写真に向かって右側半分をオフィスブリーチングしました。
処置時間は約40分です。短時間で歯を白く出来ることがわかって頂けると思います。

4.トレーを作ります

トレーを作りますトレーを作ります

次に上の歯全体をホームブリーチングしました。
まず歯型をとって、歯にピッタリ合うトレーを作ります。

5.ホームホワイトニング

ホームホワイトニングホームホワイトニングホームホワイトニングホームホワイトニング

トレーの内側に専用ジェルを入れます。
通勤中や仕事中、テレビを見たり本を読んだりしてくつろいでいる間などその方の生活に合わせて都合の良い時に約2時間トレーをはめます。
毎日仕事中にトレーをはめ、約2週間続けました。トレーをはめている時はしゃべりにくいですが普通に生活出来ますしほとんど目立ちません。(右端はトレーを入れたところです)

セラミック治療

金歯、銀歯、歯の変色、すきっ歯、乱ぐい歯、出っ歯などが治療対象です。セラミックを用いた治療で、天然の歯と見分けがつかないくらい美しく自然な口元を得られます。

セラミック治療 施術例はこちら

▲PAGE TOP

医院選びのポイントと当院の矯正歯科治療

歯並びが悪く、噛み合わせが悪いと、見た目ばかりでなく、健康にも悪い影響があります。美しく健康的な歯並びを作るのが矯正治療です。少し前まで、矯正治療は子供だけのものだと思われていたり、歯につける銀色の矯正装置の見た目が悪く、犬猿されていたりしましたが、現在はそんなことは全くありません。

矯正歯科治療における「3つのポイント」

@高い技術を持つ審美専門医による治療。
矯正治療は高い技術と経験が必要なため、日本矯正歯科学会では、認定医制度を設け、専門的知識と技術を持つ歯科医師を認定医として認めています。しかし、矯正治療は歯科医師なら誰が行っても良いため、認定医でない、経験も浅い医師による粗悪な矯正治療も少なくありません。
当院では、豊富な経験と高い技術を持つ矯正専門医の弟先生が、矯正を担当しております。

A矯正、審美、噛み合せの専門的、総合的アプローチ。
矯正専門医は、歯を動かし、歯並びを治すプロですが、必ずしも噛み合わせや美しさについて、高度な知識を持っているとは限りません。矯正をした後頭痛や肩こりがひどくなった、顎関節症になった、歯並びは良くなったが、歯が大きかったり、隙間が開いていたりし、あまり美しくないなどということも少なくありません。 矯正は歯を動かすだけでなく、噛み合わせや審美についての専門的な高い知識と技術が必要です。当院では、院長が大阪大学で長年審美歯科を、副院長が噛み合わせや顎関節症を主テーマとして、臨床、研究に携わってきた専門家で、矯正専門医の弟先生と総合的チームアプローチを行なっております。

B治療後のメンテナンスがしっかりしている。
せっかくの良い治療も、その後のメインテナンスが悪ければ台無しになってしまいます。治療中ばかりでなく治療後も、長くお口の中を健康で美しい状態に保つためのケアをしっかりすることが重要です。当院では、年齢や治療内容に関わらず、お口の健康を守り育てるための、口腔ケアに力を入れております。

矯正歯科治療 施術例はこちら

▲PAGE TOP

Copyright (C) 2009 Hino Dental Clinic. All Rights Reserved. 
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】